赤ら顔の悩み

顔のシミやシワの悩みと対処方法体験談

【顔のシミやシワの悩み体験談もくじ】
  【31歳女性】ホクロだと思っていたものは実はシミ
  【32歳女性】シミをこれ以上増やさないためにしてること
  【42歳女性】ほうれい線の小ジワが消えなくなった
  【53歳女性】若い時からお肌の手入れをしておくべき

【31歳女性】ホクロだと思っていたものは実はシミ

31歳会社員です。

20代後半から徐々にシミや小じわが増えていきました。

最近ホクロが多くなったなと思っていたら、それが一気に顔中に広がりました。その時は気が付きませんでしたが、ホクロだと思っていたものは実はシミだったのです。

それまでスキンケアにあまり力を入れていなかったのですが、シミができたことをきっかけに、自分の肌に敏感になりました。

また、シミだけではなく乾燥も気になりました。特にお風呂上がりは顔が引きつるような感じで、肌の水分が奪われていました。

冬場は乾燥がさらに酷くなり、ファンデーションが割れてしまうようになりました。そのせいで笑顔にも自信がなくなり、気持ちも落ち込みました。

そんな私を変えたのは、友人に勧められて行ったフェイシャルエステでした。割引券があるとのことで一緒に行かないかと誘われたのです。

正直、エステはあまり信用していなかったのですが、施術をしてもらって肌が見違えるようになりました。

乾燥がおさまって見た目もすごく若返りました。その時に私は、スキンケアに力を入れればまだまだ肌は甦るのだということがわかりました。

エステは金銭的に通い続けられませんでしたが、スキンケア用品に力を入れるようになりました。乾燥肌に効果のある化粧水や夜用の美容液などを買い揃えました。

また、今まではスキンケアに時間をかけませんでしたが、今は化粧水に5分以上かけるようになりました。
そのおかげで肌の乾燥やシミなどを防ぐことができています。

【32歳女性】シミをこれ以上増やさないためにしてること

顔の頬骨のあたりと目の近くにシミがいくつかあって気になるようになりはじめました。

茶色のシミがいくつかポツポツと出来てしまっています。

気付いたころにはもうすでにシミになってしまったあとだったので、普段はメイクでコンシーラーをシミがある部位に塗って隠して目立たないようにしています。

シミ自体は遠目で見ると気になりませんが、自分で手鏡を見たりすると気になるので隠しています。大きなシミがないものの、小さいシミがまだらにあります。

シミをこれ以上増やさないために本格的に防ぎたくなり、まずはスキンケアの見直しから始めました。

今まで手をつけてなかった美白ケアの化粧水と乳液に変えて、塗るのをサボっていた日焼け止めもちゃんと(特に顔)に塗るようにしました。

腕や足はカバーをするか、UVカットの衣類で焼けないようにしています。

食事の見直しもして、季節ごとにビタミンCが含まれている食材を積極的に食べるようにしてからは少しシミが出来にくくなったように思います。

かぼちゃ・りんご・いちご・バナナといったフルーツからブロッコリー・トマト・ナス・オクラといった野菜まで幅広く食べては体の内側からシミが出来にくい環境をつくるようにしています。

幸い、野菜も果物も好きなので美味しい思いをしながらシミを防ぐことに身を投じることができています。



飲み物では白湯を選び、肌を綺麗にしながらターンオーバーを促進し体内の毒素が出ていきやすい状態にしてメラニンが体内に蓄積されにくいようにしています。

部屋のカーテンも遮光カーテンなので、閉めているときは部屋に紫外線が入ってくるのを避けられる状態にしています。

【42歳女性】ほうれい線の小ジワが消えなくなった

42歳です。

最近顔のシワやシミが気になってきました。

シワで特に気になるのがほうれい線です。以前からほうれい線ができやすかったのですが、笑ったあとの一時的なものですぐに消えていました。

しかし最近は、顔がむくんでいたり疲れている時には、ほうれい線の小ジワが消えなくなりました。

シミの数も増えてきています。30代のころは2~3個の小さなシミだったのですが、40を超えていきなり増えだしたのです。やはり40歳はお肌の曲がり角なのですね。



そんな私がシワやシミ対策としてやっていることは、サプリメントを飲んだり、ビタミンC誘導体の化粧水を付けたり、紫外線に当たらないようにすることです。 サプリメントは代謝や老化にかかわるビタミンBやビタミンEなどが色々と含まれるマルチビタミン、また、それとは別にビタミンCも飲んでいます。

ビタミンCはシミを防ぐ効果がかなり高いらしく、水溶性なのでたくさん取っても排出されるそうです。すぐに排出されてしまうので、1日2~3回に分けて飲んでいます。

また、ビタミンC誘導体は、トゥヴェールのクリスタルパウダーを使っています。

これは、APPS(アプレシエ)という水溶性と油溶性の2つの効果を持ったビタミンC誘導体です。

シミを防ぐ作用のほかに、肌のターンオーバーを正常にしたり、高い浸透力で肌の奥まで届きハリを出す効果が高いんだそうです。

このビタミンC誘導体には即効性があって、化粧水として使いだして2日後くらいには肌にハリがでて、ほうれい線が目立たなくなりました。

【53歳女性】若い時からお肌の手入れをしておくべき

私は現在53歳です。

この年になればシミがあるのは当たり前でしょうが、私が気にしているのは40代の頃には既に出ていた物なのです。

30代後半に出た物でしょうか。左の頬の下の方に直径3mm位の薄茶色のシミがあります。

ファンデーションも厚塗りをしない限りは隠れません。かといってコンシーラーを使うほど濃くもないのです。

他にも50歳を超えた頃から2つ程出て来ましたが、何故かこの一番最初に出たシミが大きさも濃さも目立つので嫌です。

このシミは濃さも大きさもあまり変わっていないように見えますが、毎日見ているので大きくなっていても私が気付いていないだけだと思います。

普段はファンデーションを厚塗りしたり、触ったりして余計にシミが濃くならない様に気を付けています。幸いシミなので出っ張っていないので気にしてよく触る、ということはありません。

他にはやはり「ビタミンC」です。

ビタミンCの美容液を塗ったり、食事でとるようにしています。でも、今のところ残念ながらこのシミが薄くなったとは思えません。

初めて出た時に対処をすぐしなかったのもいけなかったと思います。30代後半で「まだ若いから」とのんびりしていたのが良くなかったのでしょう。

一度出た物は消えることはあまり無いですし、放っておけば濃くなっていくでしょう。 若い女性でも20代からしっかり紫外線対策はもちろん、肌のマッサージをして老廃物をリンパ節へ流したり、ビタミンCを多く取るようにしている人は多いですね。

思えば40代の私より20代だった娘の方が冬でもしっかり紫外線対策をしていたように思います。

やはり若い時からお肌の手入れをしていた方が、シミやシワ予防に確実になると思います。
赤ら顔の悩み体験談|赤ら顔のコンプレックス改善方法